ブラックジャック最強の攻略法「カウンティング」は高リスク?

世界中のカジノプレイヤーから好評なカードゲーム「ブラックジャック」には、多くの攻略法や派生ゲームが存在します。
今回は、最強過ぎる攻略法として世界中のランドカジノで禁止行為に指定されている「カウンティング」についてオンラインカジノで使えるのか、そして実践しやすいゲームについてご紹介します。
 
 

カウンティングとは?

 
カウンティングとは?

「ブラックジャック」や「バカラ」「ポーカー」などのカードゲームで実行可能とされる攻略法の1つ。
すでにディーラーが配ったカードを記憶することで、残りカードの状況を把握し次に来るカードを予測、状況によって賭け方を変化させるテクニックです。
世界中のランドカジノで禁止行為に指定されていますが、メモとペンがあれば簡単に実行できそうな攻略法と思われます。
 
例えばプレイヤーのハンドやディーラーのハンドに絵札が多かった場合、次に絵札が来る可能性は低い…と考えるのもカウンティングでしょう。
さらにカウンティングの精度を高めたい場合は、カードの種類を記憶して計算する必要があるため、初心者には少し難易度が高い攻略法になります。
 
ただしカウンティングを禁止しているオンラインカジノも多く、見つかった場合は「全てのチップが没収される」「アカウント停止」などの可能性があり、高リスクな攻略法とも言えます。
カウンティングアプリを利用した攻略は、特に避けた方が無難かも知れません。
シンプルな攻略法を知りたい初心者の方には、マーチンゲール法をオススメします。

 
カウンティングに最適なゲームとは?
カードゲーム最強の攻略法と言われるカウンティングですが、実行不可能なゲームも存在します。
例えば「オンラインカジノの通常ゲーム(コンピュータと対戦するタイプ)」の場合は、カードのリセット状況が分からないため、カウンティングが不可能になり実践できません。

最も有効にカウンティングできるゲームとして「ライブカジノのブラックジャック」が挙げられます。
そして、カウンティングの精度をより高め、勝率を上げるには「使用しているトランプの枚数が少ないゲームで実践する」ことが有効です。
この条件を満たすのが、ブラックジャック派生ゲームの1つ「ヨーロピアンブラックジャック」です。
 
 

「ヨーロピアンブラックジャック」の遊び方

 
「ヨーロピアンブラックジャック」の遊び方

「ヨーロピアンブラックジャック」はベラジョンカジノなど、多くのカジノでプレイが可能です。
通常のブラックジャックとルールの違いは殆どありません。
唯一の大きな違いは「最初に配るカードの枚数」です。

「ブラックジャック」の基本ルール
最初にディーラーに2枚、次にプレイヤーに2枚のカードを配ります。
プレイヤーのカードは当然2枚とも見ることが可能ですが、ディーラーのカードは1枚が伏せられます。
プレイヤー目線からは、ディーラーのカードは片方だけしか見ることは不可能です。
ディーラーの見えているカードからもう1枚のカードの数字を予測しつつ、プレイヤーが引くカードを調節することが「ブラックジャック」の一般的戦略となります。

「ヨーロピアンブラックジャック」の基本ルール
ゲーム開始時に最初にディーラーに開かれたカードが1枚、プレイヤーに2枚のカードが配られます。
これが「ブラックジャック」との唯一の違いです。
「ブラックジャック」は一番初め、ディーラーとプレイヤーに2枚ずつカードを配りますが、「ヨーロピアンブラックジャック」はディーラーに1枚、プレイヤーに2枚のカードを配ります。
その後はプレイヤーがカードを取捨選択した後、ディーラーが2枚目以降のカードを引きます。

カードの配り方の変化で影響は出るのか?
「カードの配り方」について、もう少し掘り下げます。
カードの配り方が変わると、ディーラーの2枚目のカードを引くタイミングがずれます。

「ブラックジャック」は、最低でも2枚以上カードが必要になります。
最初にディーラーはカードを1枚しか配布されていないため、2枚目を引かなければなりません。
ですが、その前にプレイヤーのターンを挟みます。
「ブラックジャック」はゲームの性質上、ハイカード(強い数字)が手に入りやすいシステムです。
例えば「10」扱いになる有利なカードは、「10」「J」「Q」「K」の4枚もあります。
また、「1」「11」のどちらでも使用可能な便利なワイルドカード「A」も手に入ると有利です。
ディーラーよりも先にカードを引けることで、これらのハイカードを手に入れる確率が僅かですが高まります。

さらに、プレイヤーがカードを引くか否かによって、ディーラーの2枚目に入るカードを変えることが可能となるのです。
「カウンティング」を行うことが可能な場合、このゲームは非常に有利です。
 
 

「ヨーロピアンブラックジャック」のカウンティング方法

 
「ヨーロピアンブラックジャック」のカウンティング方法

「ヨーロピアンブラックジャック」の場合、プレイヤーのアクションでディーラーの引くカードに影響が出ます。
というより、「影響を出させることが可能」となります。
「カウンティング」は、使用しているトランプの枚数が少ない程有効です。
 
一般的に「ブラックジャック」は4~8デッキを使用しています。
「デッキ」とは、トランプの52枚の組を指します。
「カウンティング」をするなら、デッキ数がより少ないゲームを選びましょう。
もしシングルデッキ(カードを1組52枚分)の「ヨーロピアンブラックジャック」が存在するなら、非常に効果があります。
 
また、ライブカジノ以外でのゲームは基本的に1ゲーム毎にトランプを入れ替えています。
そのため「カウンティング」はライブカジノで試すことをお勧めします。
 
 

インシュランスの判定ズレについて

「ヨーロピアンブラックジャック」ではディーラーが最初に1枚しかカードを持っていません。
なので、絵札とAの組み合わせである「ブラックジャック」の判定は最後になります。
加えて、ベット金額を上乗せして「ブラックジャック」の損失を補填する「インシュランス」の結果も最後になります。
 
プレイヤーのターンが終了した後にディーラーのハンドが確定します。
そのため、ディーラーにAが入っていた場合はダブルダウンやスプリットなどのリスクを侵食するアクションはあまりしないほうが無難でしょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。