オンラインカジノの決済方法でクレジットカードを使うメリットとデメリット

オンラインカジノでしたら各種オンライン電子決済サービスや仮想通貨、銀行送金など様々な方法で入金が可能ですが、クレジットカードを使う方もきっと多いことでしょう。
クレジットカードでしたら入金処理後、すぐにアカウントへ反映されるため「今すぐ、オンラインカジノで遊びたい」という方におすすめです。
また普段使っているクレジットカードをそのまま使えるため、とっても便利です。
 
そこで今回の記事では、オンラインカジノの決済方法でクレジットカードを使うメリットとデメリットをご紹介いたします。
クレジットカード入金する際の参考になれば、嬉しいです。
 
 

限度額内なら繰り返し使える

限度額内なら繰り返し使える
 
クレジットカードには利用限度額が設定されていますが、その範囲内でしたら何度でも繰り返しオンラインカジノへの入金が可能です。
 
例えば給料日前など、お金に余裕が無い時でも限度額に到達しない限り、オンラインカジノで白熱したギャンブルが楽しめます。 
ただし使用するのはショッピング枠であり、キャッシング枠とは異なります。
キャッシング枠が使えてもショッピング枠で限度額に到達している場合には利用できませんのでご注意ください。
 
またクレジットカードとはいえ、一時的な借金と何ら変わりません。
後になって支払いができず路頭に迷ってしまわないよう、限度額に余裕があったとしても、きちんと計画的に利用しましょう。
 
 

お得なポイントが貯まる

多くのクレジットカードにはポイント制度があり、ショッピング枠を使うことで金額に応じてポイントが貯まっていきます。
貯めたポイントで様々な賞品と交換できたり、お金として使えるポイントもあります。
 
オンラインカジノ入金はショッピング枠のため、処理が完了すれば当然ポイントがもらえます。
オンラインカジノで遊べて、なおかつポイントまでもらえるのは、まさにクレジットカード入金最大のメリットも言え、とってもお得です。
獲得するポイントは少ないかもしれませんが、ポイントとして還元されている以上、万が一オンラインカジノで負けてしまったとしても、損失リスクは軽減されます。
 
 

ギャンブル依存症の原因になる

ギャンブル依存症の原因になる
 
ギャンブル依存症とは、日常的にギャンブルが頭から離れなくなり、借金をしてでもギャンブルにのめり込んでしまう大変恐ろしい病気です。
 
世界的規模でギャンブル依存症が問題視されており、日本でも政府主導でギャンブル依存症対策に力を入れています。
特にオンラインカジノのような負けにくく勝ちやすいギャンブルは、ギャンブル依存症になりやすいと言われています。
 
クレジットカード入金はとっても便利ではありますが、自分の収入以上のお金を一時的に利用できてしまうため、ついつい多く使い過ぎてしまう恐れがあります。
その結果、ギャンブル依存症を引き起こし、より借金を重ね多重債務に陥り、人生が大きく傾いてしまうことになります。
ギャンブル依存症対策を考えるのでしたら、クレジットカードの利用は止めましょう。
持っている資金、つまりオンライン電子決済サービスや銀行送金の利用をおすすめします。
 
 

出金には使えない

出金には使えない
 
クレジットカードの特性上、オンラインカジノへの入金には使えても、アカウントに残っている勝利金の出金には使えません。
クレジットカードは支払い専用の決済手段のため、返金やキャンセルなどの一部例外を除き、お金を戻すことはできません。
ですので、クレジットカードでオンラインカジノへ入金する場合には、出金のための別の決済手段を用意しておく必要があります。
 
基本的にオンラインカジノというのは、入金と出金の決済手段を合わせる必要がありますが、クレジットカードのみ例外が認められています。
クレジットカードで入金してエコペイズで出金、アイウォレットで出金、銀行送金で出金など、様々な決済手段が使えます。
ただしオンラインカジノによって利用可能な決済手段が異なるため、登録前に確認しましょう。
 
 

まとめ

今回は、オンラインカジノの決済方法でクレジットカードを使うメリットとデメリットについて、それぞれご紹介いたしましたが、いかがでしょうか?
 
クレジットカード入金は「限度額内であれば繰り返し使える」「お得なポイントが貯まる」というメリットがあります。

その反面「ギャンブル依存症の原因になる」「出金時に使えない」などのデメリットもあります。
特にギャンブル依存症には十分な注意が必要なため、可能な限りクレジットカード入金は避けることをおすすめします。
 
そもそもクレジットカードというのは、VISA や Mastercard 、JCB など国際ブランドから一時的にお金を借りている、いわゆる借金と同じです。
借りたお金は必ず返さないといけませんし、もし返済期限までに返せなかった場合には、延滞利息が加算されます。
あまりにも悪質ですと個人信用情報機関にブラックリストとして登録され、クレジットカードが使えなくなる可能性もあります。

メリットとデメリットを考慮し、クレジットカードを使うようにしましょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。